ブログ,物流業界,記事

ヤマト運輸、サービス内容を変更!

 時間配達

 

こんにちは。秘書の尾島です☆彡

 

 

インターネットによるショッピング(EC)を利用する人が増え、

配達件数が増加していく一方で深刻な人手不足に悩んでいたヤマト運輸さんが、

サービス内容の変更を決めました。

 

 

 

ヤマト運輸が宅急便サービスの内容を変更。時間帯指定「12時から14時」は廃止、「19時から21時」を新設

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000005-netshop-sci

 

 

 

これまで6区分あった時間帯指定を、6月からは、5区分にするそうです。

 廃止となったのは「12時~14時」という枠で、

これにより、配達員さんが適切に休憩時間を確保できるようになると期待されています。

 

 

 

また、当日の【再配達】の申し込み締め切り時間を変更することも決めました。

 

 

これまで、ドライバーさんとセンターへの申し込み締め切りは20時でしたが、

これを19時に変更。

 

再配達自動受付とインターネットからの申し込みは、18時40分までとなるそうです。

 

 

再配達申込みの締め切り時間は、4月24日から変更されます。

 

 

 

 

少子高齢化が進み車を運転しない人たちが増え始め、

宅配の取り扱い個数は2004年以降、右肩上がりとなっているといいます。

 

2004年に、28億7400個だった配達件数は、

2014年には、36億3700個と大幅に増加しています。

 

 

また、物品の内容にも変化が見られているようで、

これまでは、家具や家電の中心でしたが、現在では50%前後の高い比率で、

食料品生活用品が占めつつあるそうです。

 

 

これからも通販市場は拡大していくと予想されています。

通販市場がさらに拡大にしていけば、私たちの生活は今よりもっと快適になっていくはずです。

 

そうなっていくためにも、市場を支えてくれている方たちが

働きやすい環境も同時に整えられていくといいですね。